FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一些小感想

我一直認為
音樂人和藝能人應該分開稱呼
藝能人要參與的範圍較大
當然也得學會怎樣裝模作樣

但是音樂人嘛
不能否認他們部份時候迫不得以要裝假
但是寫曲人、填詞人、演唱者在工作時都是真心對待每個喜歡他們的人
唯獨這一點
沒辦法假得了

突然有這番小感想
無他的
都是聽過抽團的《微熱》和《光》後想到的
都是向一直支持他們的人致謝的人(也可以說是寫給fans)
曲是出自aki手
這個人, 雖然曲風廣泛,但的確並不是每一首都得人心(事先聲明,唔得人心唔代表唔係好作品,口味問題而已)
但係一寫起呢類抒情歌, 功力認真不得了......直頭聽到鳥肌

能感受到何謂一個心腸很熱的人XDDD
雖然表面很悶騷
不過對音樂卻是執著到不很
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。